ブログ

クマザビーチ

とくやぁオーナー夫妻イチオシの穴場ビーチがコチラ。外周道路と言われる県道のとある十字路を曲がり突き進むと見えてくるこの光景。テンション上がるなと言われても無理な話なこの長い下り坂。もうワクワクがこの時点で止まらないこと必至。

tokuyaa-20160705-DSC_0078

リゾート開発がなされる予定で、今後は徐々に賑わいをみせるかもしれない。空いている自然派な穴場ビーチとして利用するならまさに今しかない。

tokuyaa-20160705-DSC_0099

島の緑豊かな土地に囲まれた、それはそれはのどかな風景が目に飛び込んで来る。

tokuyaa-20160705-DSC_0105

ビビッドなコントラストに何回も目を奪われた。

tokuyaa-20160705-DSC_0103

島の反対側の人気ビーチとは異なるこの離島ならではの赴き。あなたはどう思う?

tokuyaa-20160705-DSC_0102

水道もトイレもない。そこにあるのは、宮古島の自然のみ。訪れる人間の感性が試される瞬間。

tokuyaa-20160705-DSC_0106

tokuyaa-20160705-DSC_0108

ブルーのグラデーションを追いかけ、はるか彼方の雲の下にまで想像力を働かせてみる。海水の透明度はあの前浜にも匹敵する。

tokuyaa-20160705-DSC_0109

陽射しを避けるパラソルなどない。あるのは、宮古島の溢れる自然とあなたの知恵。

tokuyaa-20160705-DSC_0125

どちらも見渡しても長い浜が続く。撮影日、浜にいたのは観光客が4名ほど。

tokuyaa-20160705-DSC_0126

シュノーケルをのんびり誰にも邪魔されずに楽しむ人。貝殻を拾う人。モノ想いにふける人。

tokuyaa-20160705-DSC_0133

浜辺のベンチは自然がくれた贈り物。

tokuyaa-20160705-DSC_0135

これでもかと、遠くでまたニョキニョキと入道雲が産まれだす。宮古島のドデカイ空を眺めるだけでも飽きないと旅人は言う。

tokuyaa-20160705-DSC_0152

帰り道、振り向くと深い海の色の向こうに、やんちゃな雲達に守られながら神の島「大神島」がほほ笑んでいた。

tokuyaa-20160705-DSC_0164

クマザビーチ…ペンションとくやぁから約5分。詳しくはスタッフまでお声がけ下さい。

 

関連記事

  1. ばっしらいん
  2. 長間底ビーチ
  3. 東平安名崎
  4. 比嘉ロードパーク
  5. 宮古島で三線聴くなら・・・

宮古島の天気予報

とくやぁからのつぶやき

PAGE TOP