ブログ

比嘉ロードパーク

県道83号線沿いにお目見えする、一見ただの「パーキングエリア」にしか見えない、道の途中の休憩所。広めの駐車スペースと公衆トイレと素敵とは言いがたい年季の入った東屋。アクセルをついつい踏み気味なドライバーなどは「なんだココ?」なんて寄ろうか寄るまいか迷っているうちに通り過ごす場合も多いという。

tokuyaa-20160705-DSC_0226

那覇までの距離がおよそ300キロ、東京までは実に2000キロ。天候によっては「大神島」を拝むことが可能。

しかし、「そうだ、ジュースでも買おう」「小腹が減ったぁー。売店で何か食べよう♪」「海が見えるから、望遠鏡設置してんじゃね?」なんて期待は爽快に裏切ってくれるのがここ、比嘉ロードパーク。自動販売機など無い。売店など無い。石垣島の某山の上にあるような立派な望遠鏡なども無い。

tokuyaa-20160705-DSC_0223
*空を埋める雲と海の青。吹き付ける風と島へと寄せる波。これらの親密な関係性が体感できる貴重なスポット。
 

ある断崖絶壁マニアは言う。

「国内で、こんなに近くからこれだけの海を見下ろせる場所にクルマが停められるってなかなか無いっすよ。つうか、普通危ないじゃないすかー。そもそも、最近だと建築法上とか道交法上で…(以下、話が長い&ヤカマシイのでカット)」そう、特筆すべきはこの立地条件。その昔、「玄関あけたら2分でご飯」なんてCMがあったのをご存じだろうか。比嘉ロードパークは、いわば「ドアを開けたら2秒で絶景」なのだ。比嘉ロードパークの「海とクルマの距離感」がわかる画像がGoogleMAPで確認できるのでご紹介しよう、

☞コチラ☜

クリックで確認

ちかっ!「海との距離を縮めてくれるスポット」それがココ、比嘉ロードパーク。

tokuyaa-20160705-DSC_0225

まさかの大混雑

何も無いと思われがちの比嘉ロードパーク。売店もないし、いつも空いてて、人だかりなんて無縁なんだろうねー!なんて思った方は、甘い。ここ比嘉ロードパークも、ごった返す時がやってくるのだ。そう、海に満ち引きがあるように。いつ満ちるかって?答えは

☞コチラ☜

クリックで確認
 
宮古島の正月。初日の出スポットとして、地元では超人気。というか、東方面なので、自然にこうなる。渋滞が出来るほど、ココ比嘉ロードパークを皮切りに奥は東平安名崎までの海が拝めるスポットと言うスポットに島人が溢れかえる。そして、それ以外の日程は、他の観光スポットと比べるとやや人気が薄い。それが比嘉ロードパーク。

tokuyaa-20160705-DSC_0219

地味な観光スポット

なんて思うべからず。実際、島民の中には「月に1回はココに来て、風を浴びて海と太陽をココから拝むの」なんていうあぱらぎネーネーも多数存在する。

tokuyaa-20160705-DSC_0205

角膜は何を想うのか

美しい鮮やかな様々なブルーのグラデーションなんて景色は、離島好きなら星の数ほど目にしてきただろう。しかし、ここ比嘉ロードパークにある景色の中には、とくに晴天時、眩しすぎるほどの生き生きとしたグリーンと宮古ブルーのコントラストがあなたの瞳を魅了するのである。パラソルで飾られたビーチとは異なる、その偉大な自然が織り成す絶景に、気軽に近寄ってしまった人間のはかなさまで角膜から感じ取れたなら、比嘉ロードパークも本望だろう。

なにゆえに、先人は、この地にロードパークを創ったのか。
なにを見よと、先人は、この地にロードパークを創ったのか。

吹き上げる風を浴びながら、是非、あなたの肉眼と五感すべてでその答えを感じ取ってほしい。

tokuyaa-20160705-DSC_0213

そうだ比嘉ロードパーク、寄ろう

JRの「そうだ京都、行こう」並みに流行って欲しい安易なキャッチフレーズをあえて言おう。

そう、余計な紫外線を浴びることなく、クルマからサッと降り立ち、眼下に見下ろす美しい母なる自然である「壮大な海」を肉眼でしっかり拝めば、人間の小ささを思い知り、その道中の踏み過ぎたアクセルを反省し、その後の旅をもっと彩り豊かなモノに変えてくれる。そう、比嘉ロードパークは決して目的地には成れない。寄る場所なのだ。ただ突き進むだけではない、寄り道するから楽しめる、そんな人生のような深い旅路をあなたにも。

tokuyaa-20160705-DSC_0204

以上、自販機も売店も無いけど、その分、自然をググっと近くにドッシリ感じるパワースポット、比嘉ロードパークのご紹介でした。

*比嘉ロードパークに滞在しすぎて「他へ行く時間が無くなった!どうしてくれるんだ!」などというクレームはご遠慮下さい。
(平均滞在時間:5分~10分)

関連記事

  1. ばっしらいん
  2. 長間底ビーチ
  3. 宮古島で三線聴くなら・・・
  4. クマザビーチ
  5. 東平安名崎

宮古島の天気予報

とくやぁからのつぶやき

PAGE TOP